おすすめセミナー

いくつになっても成長できる ~ヒントは幼児期~
【主催】ささゆりの会(NPO法人アスペ・エルデの会正会員団体)

日時:2019年08月04日(日) 10:00~12:30
場所:蒲郡市民会館 中ホール(蒲郡市栄町3番30号)
<参加費> 無料

いくつになっても成長できる ~ヒントは幼児期~

今年で第13回目を迎える、発達障がい者の理解・支援に関するセミナーです。

「発達障害についての理解はこの数年間で飛躍的に広がりました。発達障害に対応できる医療機関や相談機関、支援機関の増加は、理解の広がりを反映しています。このような変化の中で、成人期の生活や就労支援に関しては、幼児期の療育や学齢期への特別支援教育の普及に比べ、今一つの感が否めません。大人として対応することは基本ですが、不適応の要因が、成長過程での各分野のスキル習得の不十分さを念頭におくべきでしょう。
今回は、改めて幼児期や小学校低学年までに必要な支援、スキルが習得されていないと何が起こるか、最後に今からの支援の方向性を整理します。

自閉スペクトラム症の早期支援手法JASPER勉強会(東京)―通訳あり
Kyle Sterrett Kiana Krolik(UCLA)、辻井正次(中京大学)、黒田美保(名古屋学芸大学/東京大学)

日時:2019年06月30日(日) 10:00~16:00
場所:大正大学 巣鴨キャンパス 4号館421号室 (〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1)(都営地下鉄三田線・・・・西巣鴨駅下車 徒歩2分 JR埼京線・・・・板橋駅東口下車 徒歩10分 都電荒川線・・・庚申塚駅又は新庚申塚駅下車 徒歩7分)
<参加費> 一般: 10,000円 賛助会員: 10,000円 

自閉スペクトラム症の早期支援手法JASPER勉強会(東京)―通訳あり

現在、アスペ・エルデの会では、UCLAのConnie Kasari教授の研究室との共同研究の一環で、幼児期の自閉症スペクトラムの支援手法であるJASPERの導入に取り組んでいます。
http://www.kasarilab.org/treatments/jasper/
 
この度、UCLAのKasari先生の研究室から講師をお招きし、JASPERのエッセンスを学ぶためのセミナーを行います。招聘する講師は、UCLAで支援者のトレーニングにあたっておられる臨床家・研究者です。

http://www.kasarilab.org/about-us/research-team/

今回は、効果的な幼児療育に興味のある方は奮ってご参加ください。発達障害支援の専門家のなかでも、JASPERの普及に取り組むイメージを共有できる方を対象としています。ここでいう「普及」とは、”専門家ができる”ということにとどまらず、JASPERをその後各地で、保育士等が保育園や幼稚園等の、日常の場所で支援ができるようにしていくことを意味します。

《JASPERとは》
共同注意(Joint Attention)、象徴遊び(Symbolic Play)、関係づくり(Engagement)、感情調整(Regulation)、の4つの視点から、自閉症スペクトラムの中核障害である社会性の障害への介入・発達促進を行う、エビデンスのある早期介入の支援手法です。

日本版Vineland-Ⅱ適応行動尺度(実施方法編)勉強会 (名古屋)
アスペ・エルデの会。講師:辻井正次

日時:2019年06月16日(日) 09:30~12:30
場所:第1アメ横ビル4階会議室(名古屋市中区大須 3-30-86)
<参加費> 一般: 10,000円 賛助会員: 8,000円 

日本版Vineland-Ⅱ適応行動尺度(実施方法編)勉強会 (名古屋)

日本版Vineland-Ⅱ適応行動尺度は、世界的に最もよくつかわれている適応行動の標準化された尺度である、Vineland-Ⅱ適応行動尺度の日本版です。障害のある人の評価において、どういう障害をどのくらい持っているかという視点ではなく、今どこまで何ができているのかを把握するための尺度です。実際の支援の場合、障害の程度よりも、今どこまで何ができているのかを把握することが支援のスタートとなりますので、支援において最も重要な尺度の1つであるのは間違いないでしょう。厚生労働省も、最近の障害児支援関連の検討会では明確に、支援者が把握すべき内容として位置づけています。

今回、日本版の著者たちによるVineland-Ⅱ適応行動尺度セミナー(実施方法編)を行います。全2回の勉強会で、今回は尺度の聴取方法と採点方法の基本の話をします。今後の尺度活用のマニュアル的なものを作成することを目的に、日本版の監修者の辻井が主宰して勉強会をします。

 (結果の解釈や個別の支援計画の立て方につきましては、このセミナーを受講後に、結果から個別支援計画を作る編」を、1例以上、実際に聴取を行って、結果を持参し、受講して研修下さい。)
 参加においては、Vineland-Ⅱ適応行動尺度マニュアルを持参ください(日本文化科学社 http://www.nichibun.co.jp/kobetsu/kensa/vineland2.html

PARSーTR研修セミナー(名古屋)
NPO法人アスペ・エルデの会。講師:辻井正次

日時:2019年07月07日(日) 09:30~12:00
場所:第1アメ横ビル4階会議室(名古屋市中区大須 3-30-86)
<参加費> 一般: 6,000円 賛助会員: 5,000円 正会員: 無料 

PARSーTR研修セミナー(名古屋)

PARS-TRは、自閉症スペクトラム障害の特性把握をするための診断補助のためのアセスメントツールです。http://www.kanekoshobo.co.jp/book/b358315.html
 養育者からの聴き取りで自閉症スペクトラムの特性を把握していく半構造化面接方によるもので、実施においては一定の研修が望ましいです。
 診療報酬のなかで保険点数が取れるようになったこともあり、かなりいろいろなところでニーズが高まっています。

ルミナス DE カタロウ会
ルミナスクラブ

日時:2019年06月23日(日) 10:00~11:30
場所:一宮市市民活動支援センター(<JR尾張一宮駅前ビル> i-ビル 3F)内
<参加費> 無料

ルミナス DE カタロウ会

「こだわりがつよいなぁ」「かんしゃくが強いなぁ」
「夢中になると周りが見えないなぁ」
「うちの子ちょっと空気読むのが苦手かも・・・?」
「教室で座っていられない・・・」
「思ったことをつい口にしちゃう・・・」
「お友達と付き合うのが苦手」  

いろいろあるけど・・・お子さんのこと、子育てのこと、いろいろお話をしてみませんか?

▲ページトップへ

Copyright © 2010 Asperger Society Japan. All Rights Reserved.