日間賀島合宿2020 発達障害のある子どもや青年、きょうだいのための合宿プログラム

NPO法人アスペ・エルデの会

 愛知県南部に位置する日間賀島で毎年実施している、発達障害の子どもや青年、そのきょうだいを対象とした支援体験合宿をこの夏も行います。子どもごとで1つのスキル・トレーニングのプログラムをメインに、日常生活での適応行動のチェック等も含めた合宿【キャンプ】です。各スキル・トレーニングには、アスペ・エルデの会統括ディレクターである辻井正次を総責任者として、わが国の一線級の発達障害児者支援の専門家が参加します。スタッフを基本的にマンツーマンでつけてセミオーダーで進めるプログラムであるため、今まで集団による支援経験が少ない場合でも、楽しい経験をすることできます。さらに、日間賀島観光協会のご協力のもと、民宿を活用した合宿であるため、海の美味しい物を食べ、海でたくさん遊びながら、楽しい体験のなかで学びを進めることができます。なお、研究への協力をお願い致します。医療スタッフ(医師)は常駐いたします。

日程: 令和2年 8月18-22日
事前の打ち合わせ日;追ってUPしていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第1クール;4泊5日の流れ:
  1日目   午前;河和港集合、フェリーで日間賀島に移動 昼食後、島での活動
  2〜4日目 午前;支援プログラム  午後;島での活動
  5日目   午前;プログラムの振り返り 河和港移動(保護者迎え) 

参加費の内訳:子ども及びマンツーマンでつく支援スタッフの宿泊費・食費等、プログラムの費用(プログラムディレクター等の経費・プログラムのための経費等)、河和港からの高速船代等)。
参加費等、詳細はUPしていきます。
※ お申込後、参加段階では、賛助会員登録をしていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


スタッフ:
総責任者;辻井正次(中京大学教授)
プログラムディレクター(予定);黒田美保(名古屋学芸大学教授)、白石雅一(宮城学院女子大学教授)、山根隆宏(神戸大学准教授)、稲田尚子(帝京大学講師)、小倉正義(鳴門教育大学准教授)、明翫光宜(中京大学准教授)、高柳伸哉(愛知東邦大学講師)、水間宗幸(九州看護福祉大学講師)等、わが国の一線級の支援専門家。

スキルトレーニングプログラム内容は追ってUPしていきます。

参加対象;発達障害のある子どもとそのきょうだい
開催場所;日間賀島(詳細はお問い合わせください)。宿泊場所は、アイランドホテル浦島です。
定員;50名程度。
参加費は目安で、確定ではありませんので、追ってUP致します。
申し込み;追ってUPします。問い合わせは、tsujii@as-japan.jpまで。

参加対象

発達障害のある子どもや青年とそのきょうだい

開催日時

2020年08月18日(火) 11:15~21:30

開催場所

日間賀島(詳細はアスぺ・エルデの会までお問い合わせください)

定員

50名

参加費

一般: 77,000円 賛助会員: 72,000円 

備考

詳細は、追ってUPしていきます。

お申し込み

現在、受付準備中です。

▲ページトップへ

Copyright © 2010 Asperger Society Japan. All Rights Reserved.