自閉スペクトラム症の早期支援手法JASPER勉強会(東京)

<受付終了>

Kyle Sterrett Kiana Krolik(UCLA)、辻井正次(中京大学)、黒田美保(名古屋学芸大学/東京大学)

<5月27日までにお申し込み下さった皆様への返信メールの自動返信の文面のセミナー日付にミスがありました。該当の皆様には改めてご連絡を差し上げます。お詫び申し上げます>

現在、アスペ・エルデの会では、UCLAのConnie Kasari教授の研究室との共同研究の一環で、幼児期の自閉症スペクトラムの支援手法であるJASPERの導入に取り組んでいます。
http://www.kasarilab.org/treatments/jasper/
 
この度、UCLAのKasari先生の研究室から講師をお招きし、JASPERのエッセンスを学ぶためのセミナーを行います。招聘する講師は、UCLAで支援者のトレーニングにあたっておられる臨床家・研究者です。

http://www.kasarilab.org/about-us/research-team/

今回は、発達障害支援の専門家のなかでも、今後、アスペ・エルデの会とともに、JASPERの普及に取り組む意志のある方を対象としています。ここでいう「普及」とは、”専門家ができる”ということにとどまらず、JASPERをその後各地で、保育士等が保育園や幼稚園等の、日常の場所で支援ができるようにしていくことを意味します。なお、今回は支援者向きのプログラムですので、当事者や保護者のご参加はできません。ニーズのあるお子さんの保護者の場合、実際に業務で取り組んでいる方はもちろん支援者でご参加いただければいいのですが、特にそうでない場合は、またの機会にお願いできましたら幸いです。

《JASPERとは》
共同注意(Joint Attention)、象徴遊び(Symbolic Play)、関係づくり(Engagement)、感情調整(Regulation)、の4つの視点から、自閉症スペクトラムの中核障害である社会性の障害への介入・発達促進を行う、エビデンスのある早期介入の支援手法です。

参加対象

発達障害支援の専門家(今後、アスペ・エルデの会とともに、JASPERの普及に取り組む意志のある方)。なお、今回は支援者向きのプログラムですので、当事者や保護者のご参加はできません。

開催日時

2018年06月24日(日) 10:00~15:00

開催場所

東京大学赤門総合研究棟200号室

定員

100名

参加費

一般: 5,000円 賛助会員: 5,000円 

備考

本ページの申し込みフォームから必要事項をご記入いただき送信してください。

参加費は当日受付にて行います。
(キャンセルの場合は、事前に、速やかに手続きを行って下さい。特に都内でのセミナーの場合、無断でのキャンセルが多すぎます!)

備考欄に、年齢、職務内容の詳細、JASPER導入に関するお考えについてお書きください。どなたかのご紹介の場合はそれも詳しくご記入ください。

今回は、発達障害支援の専門家のなかでも、今後、アスペ・エルデの会とともに、JASPERの普及に取り組む意志のある方を対象としています。ここでいう「普及」とは、”専門家ができる”ということにとどまらず、JASPERをその後各地で、保育士等が保育園や幼稚園等の、日常の場所で支援ができるようにしていくことを意味します。
 ご自分の事業所・医療機関の療育に取り入れます!、事業所・医療機関の職員に研修します!という備考欄の書き込みは「普及」の概念には含まれないと考えております。将来的に、子どもたちが地域の他の子どもたちと同じように保育園や幼稚園に通い、保育園や幼稚園でのインクルーシブな支援(療育的な)の取り組みが可能になることが重要であると考えています。療育を行う事業所での取り組みの<延長線上>で、将来的に保育所等訪問でJASPERを保育園や幼稚園で保育士を指導しながらやっていくまでの<ビジョン>を共有できないのであれば、ご参加いただく必要はないとも考えております。そうした理解の上でご参加いただいたということで、インクルーシブな支援が広がるよう、当日は活発な議論をお願いします。もっとも、まずは支援者ができるようにならなくてはならないのですから、多くの方にご参加いただければいいと思います。是非、備考欄には、事業所・医療機関で取り組めるようにした後に、地域の保育園や幼稚園で実施できる支援が可能になるようにご一緒いただける方向性でご記入をいただけましたら幸いです。一般の保育園や幼稚園の方は園での取り組みを進めていくビジョンのなかでお申込みいただけましたら幸いです。

なお、今回は支援者向きのプログラムですので、当事者や保護者のご参加はできません。ニーズのあるお子さんの保護者の場合、実際に業務で取り組んでいる方はもちろん支援者でご参加いただければいいのですが、特にそうでない場合は、またの機会にお願いできましたら幸いです。


※本メールは受付後自動返信でメールが送信されます。携帯電話のアドレスは返信メールが届かない場合がございますので、受信許可の設定をお願いします。もしくは、PC用のアドレスをご記入ください。

お申し込み

受付終了しました。

変更・キャンセル

お申し込み内容の変更・キャンセルは以下のフォームよりご連絡ください。
キャンセルの場合、いったん入金した参加費については、当会側の責任でセミナーの開催がなかった場合を除いて、返金はできません。
変更・キャンセルはこちら

お問い合わせ

このセミナーに関するお問い合わせは以下のフォームよりご連絡ください。
お問い合わせはこちら

▲ページトップへ

Copyright © 2010 Asperger Society Japan. All Rights Reserved.