*--情報伝言板 情報詳細--*

発達障害者支援フォーラムin横浜〜学齢期・思春期の本人、家族に必要な支援を考える〜  No.124
発達障害者支援フォーラムin横浜〜学齢期・思春期の本人、家族に必要な支援を考える〜
内容
第 基調講演
「発達障害の子どもの豊かな学びと生活〜学齢期・思春期に必要なこと」
  柘植 雅義(独立行政法人国立特別支援教育総合研究所企画部上席特別研究員)
基調報告
「療育センターにおける学齢障害児支援と移行支援の取組み」
  原 仁(横浜市中部地域療育センター所長)
「発達障害のある子どもの診療相談の現況と課題〜学齢後期・思春期を中心に」
飯田 美紀(小児療育相談センター所長)
実践報告
「横浜市学齢障害児支援事業(学齢後期)の取組み事例から 
助言者:広瀬 宏之(横須賀市療育相談センター所長)
「横浜市学齢障害児支援事業(学齢後期)の取組み事例から◆
助言者:高木 一江(川崎市発達相談支援センター所長)
「中学校における校内支援体制、学びの支援教室などを活用した本人支援の取組み」
井上 能子(横浜市立左近山中学校校長)
シンポジウム「学齢期・思春期の本人、家族に必要な支援を考える〜医療・福祉・教育などのより緊密な相互連携をめざして」
 飯田 美紀/関水 実(東やまたレジデンス・工房施設長)/小林 靖(横浜市教育委員会)/ 福田 里美(神奈川LD等発達障害児・者親の会 にじの会代表)
  <助言者> 柘植 雅義 <司会>  原 仁
実施場所 関内ホール 大ホール 横浜市中区住吉町4丁目42−1(045−662−1221)

参加対象・定員 発達障害に関わる医療・福祉・教育・保育・行政等の関係者や家族 定員1,000名

参加費 1,000円(資料代等) 当日に会場受付でお支払い下さい。

開催日時・期間 平成23年8月27日(土) 10:00〜16:40(開場9:30)
問い合わせ先
(メール・ホームページ・電話・住所) 社会福祉法人新生会フォーラム運営事務局
電話:045−321−1787、FAX:045−321−3037
E-mail:shoniryoiku@shinseikai-y.jp ホームページURL:http:www.shinseikai-y.jp
主催・後援団体 主催 社会福祉法人新生会(小児療育相談センター)、社会福祉法人青い鳥
後援 神奈川県、横浜市こども青少年局・健康福祉局・教育委員会、川崎市、横須賀市、日本発達障害ネットワーク、日本発達障害学会、日本LD学会、日本学校心理士会、日本臨床発達心理士会、日本自閉症協会、社会福祉法人全国心身障害児福祉財団
申請者情報
団体名 社会福祉法人新生会 小児療育相談センター                      
担当者名  事業推進課 菅野正裕                   
メールアドレス  kanno@shinseikai-y.jp                
ホームページ http:www.shinseikai-y.jp                  
電話 045-321-1738                      
住所 045-321-3037                     
2011/06/23



掲載された情報の詳細については直接情報元(主催者)までお問い合わせ下さい。
当会にお問い合わせ頂いてもお返事出来かねますのでご了承下さい。
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.02