*--情報伝言板 情報詳細--*

発達障害理解の基礎 29〜30  No.121
「教師の為のUDLチェック表」と「UDLガイドライン一覧表」を配布します


【第1回 入門編】
〜知っておきたいUDLの基礎知識・予備知識〜
5月22日(日) 上智大学12号館202教室 ≪定員100人≫ 14:00〜17:00

【第2回 実践編】
〜UDLで「みんなが学べる」授業に〜
6月19日(日) 工学院大学・新宿校舎 B-0563 ≪定員120人≫ 14:00〜17:00


【参加費】各回 4,000円 当日支払い
【対 象】教員(幼・保〜高校)・カウンセラー・支援者

★内容
学級に発達障害などのお子さんがいて、日々の指導に知恵を絞っている先生や、特別支援教育の取り組みを通常学級での授業づくりに生かそうと工夫されている先生が増えています。
<ユニバーサルデザイン>とは、障害の有無や能力にかかわらず「できるだけ全ての人が利用できるようにすること」をめざしたデザインの指針。この考え方を教育に応用したのが2008年にマサチューセッツでまとめられた『学びのユニバーサルデザイン(UDL:Universal Design for Learning)© CAST』です。
現在の特別支援教育の主流は、様々な特性や能力の違い故に<わからない・できない>ことを「障害」と捉え、その克服や適応のための指導です。一方UDLは、教室には多様な子どもたちがいるのを前提に、「誰もがわかる・できるようにする授業」をどのように作っていくかに重点を置きます。変えるべきは“子ども”ではなく“教師”の方?!
ガイドラインの内容をいち早くご紹介し、授業改善や教材作りに活用するアイデアをご一緒に考えたいと思います。

【講演者】金子 晴恵(アンダンテ西荻教育研究所 代表)
 
 発達障害児のための学習指導教室「アンダンテ西荻教育研究所」を主宰。
 自閉症や学習障害などの子どもたちの学習指導、親御さんの相談、東京都杉並区の小学校の特別支援教育巡回相談等に携わる。 
 東京学芸大学卒業後、遠山真学塾講師を経て現職

【著書】『先生が明日からできること。』 
    『はるえ先生とドクターМの苦手攻略大作戦』

 
 ●主催:田口教育研究所  後援:朝日新聞厚生文化事業団
 ●お問合せ・お申し込み 
  223-0061神奈川県横浜市港北区日吉2-18-42 
  TEL:045-560-3721 E-mail:info@taguchiken.com

http://www.taguchiken.com
2011/05/19



掲載された情報の詳細については直接情報元(主催者)までお問い合わせ下さい。
当会にお問い合わせ頂いてもお返事出来かねますのでご了承下さい。
[TOP]
shiromuku(e3)DIARY version 1.02